布留川 勝の人材育成の現場日記

先週の金曜日は320名の新入社員の方々に「日本でもグローバルでも魅力的になるために(パーソナル・グローバリゼーション)」のファシリテーターを務めさせていただいた。

私の3時間のセッションとグローバルで活躍する先輩社員3名をパネリストとしてお迎えし、現場のリアルを語っていただく設定。

少子高齢化、100年ライフ、デジタルトランスフォーメーションの渦中で、今の若者たちは何を感じて生きているのか、日本企業はGAFAとどう戦うのか、協働するのかなどなど、若者の仕事観を肌で感じて私も大変勉強になった。
40歳も年齢の違う若者たちと本音でディスカッションできる機会のあるこの仕事に感謝!


グローバル人材育成研究会のお申込はこちら

関連記事

人気記事

グローバル人材育成研究会【G研】のお申込みはこちら

ページ上部へ