布留川 勝の人材育成の現場日記

G研報告(113回)あなたのリーダーシップの核

2015/05/23

グローバル人材育成研究会(G研)

リーダーシップ

管理職研修

選抜部課長

昨日、第113回グローバル人材育成研究会
「グローバルリーダーシップの核
~世界にフォロワ―を持ち、リスペクトを受けるリーダーに必要な要件とは~」
を開催した。

第1部では、
「今、日本企業に求められる「GL型(Global & Local)人材』!
~GL型人材に必要な要素とその鍛え方とは?~」
と題し、
私からお話した。

・ L型人材とは、「国内であれば無敵な人材」だが、
「グローバル」が入ると一気に収縮してしまうような人材を指す。

・ G型人材とは、特に50代に多い、
様々な国での赴任経験を持ち、グローバルでの知識は豊富だが、
長年海外のみを担当してきたため、日本帰国後にギャップを感じてしまう人材を指す。

多くの企業では、組織的に圧倒的にL型人材が多い構成になっていると思うが、
今求められているのは、GlobalでもLocalでも活躍出来るGL型人材だと考える。

しかしながら、GL型人材に本気で取り組もうとした場合、
多くの課題に直面することになる。
例えば、GL型人材の定義や育成人数のイメージがないこと、
個人の経験値からくる育成方針が闊歩する、
ロールモデルが少なく、若手が育たない、などだ。

だからこそ、定義が重要であり、個人の考えに左右されない
定義と社内コンセンサス作りが重要だ。

私がおすすめするGL型人材育成のレバレッジポイントは、
まさに、L型人材のトップ層をGL型に転換することだ。
国内でピカイチの人材をグローバルでも活躍できるように
トレーニングすることが、企業存続の観点、
そして個人のキャリア開発の面からも今後ますます求められていくだろう。

お越しになった方々からは、
・ビジネスの方向性としても、G型、L型の垣根がどんどん低くなってきていて、
まさにどのビジネス領域でもGL型人材が求められている。

・人材をGL型にするためには英語だけ身につけさせればいい、という
議論になりがちなので、そこに反対していく必要がある

などという意見が寄せられた。

第二部は、古森剛講師による
「グローバルで通用するリーダー人材の育成
~グローバル化を担うリーダーとして求められる実技とは?~」

「あなたが他者から「リスペクト」を得られる「核」は何なのか?
あなたは論理的に仕事が出来るのか?
私が今日お話ししたいのは以上です。
あとはもう自分次第ですから。」

と言いきってしまえる潔さ、
そして、数多くの修羅場をくぐりぬけてきた古森講師だからこそ語れる、
深く、かつ迫力のある言葉の数々だった。

特にリーダー層やリーダー候補層にとって深く刺さるのは、「判断」と「決断」の違いだろう。

「『判断』とは、一定の論理的な要素を盛り込みなががら行うもの
『決断』とは、諸事をふまえ、意を決して「ズバッ」と決めること」

日本企業ではどうしても、「判断」が得意な人は多いが、
「決断」する経験を積んでいる人は少ない。
しかし、リーダーになるためには、いかに両方の実体験を積み、
人間的なすごみを増していくかが重要、という指摘は、まさしくその通りだ。

リーダーは様々な角度から、様々な人に見られるものだ。
自分という人間を360度の全方位から見られた時、残るのは
自分という人間の軸と本質だ。

「自分の軸を持て」という号令だけでは、自分の軸は持てない。
意識的に「判断」と「決断」をし続けてこそ、自分の軸があぶりだされてくる。
古森講師のセッションは、そんなことを深く、じっくり考えさせられる。

こう書くと、ずいぶんと堅苦しいセッションのように聞こえるが、
古森講師は一人ひとりの様子に常に気を配っており、
明るい雰囲気で自然に受講者一人ひとりと向き合っている。
そのため、深い話を語りやすい雰囲気作りは人徳だな、と改めて感じた次第だ。

<G研後、古森講師と福田とともに>


グローバル人材育成研究会のお申込はこちら

関連記事

人気記事

グローバル人材育成研究会【G研】のお申込みはこちら

ページ上部へ