布留川 勝の人材育成の現場日記

「英語を学ぶ」か「英語の学び方を学ぶ」か

2012/04/21

英語力底上げ

PG右脳型
DSC00008

「魚を釣りに行く」と「魚の釣り方を学びに行く」、どちらかを選択しなければならないとしたらどうしますか?英語学習に関しては、日本人はどうも前者的アプローチが多い。すなわち「英会話レッスン」に偏りがちである。

本日は、その後者的アプローチ「英語の学び方を学ぶ」オープンセミナーを開催中である。
講師は弊社ディレクターの福田聡子。
私の英語学習公式は

「英語を学ぶ」<「英語の学び方を学ぶ」である。

とにかく自分のやる気の出る学び方を習慣化する。

英語力をつけるのは、プレゼンテーション力習得より、ピアノを学ぶのに近い。プレゼンワークショップに2日間出ればかなりのスキルが身につくが、英語力もピアノを弾けるようになるのも2日間ではまったく無理である。

継続学習「Practice,Practice, Practice」しかないのである。

写真は本日の様子。
Facebookで実況中継しているので、是非ご覧いただきたい。


グローバル人材育成研究会のお申込はこちら

関連記事

人気記事

グローバル人材育成研究会【G研】のお申込みはこちら

ページ上部へ