布留川 勝の人材育成の現場日記

プロフェッショナル人材のグローバル化

2012/10/23

グローバル人材育成

先日、ある監査法人様での約9ヶ月間のグローバル研修が始まった。
グローバルな監査法人グループ内での日本法人の存在感をより一層高めるため
組織のグローバル化を急速に進めていらっしゃる。
組織の底上げとして、私の講演も数多くご導入いただいているが、
今回はより組織的アプローチの一環で、選抜人材向けの9ヶ月プログラムを導入いただいた。

DSC00614

各部署の非常に優秀な方々ばかりが集まっており、議論もとても盛り上がった。
今まであれば、公認会計士は国内顧客を担当し、
グローバル案件は、世界各国に広がる監査法人グループが担当、という分担が出来ていた。
しかし、顧客のグローバル化のスピードが想定以上に早く、
また、TPPを締結すれば、海外の有資格者が日本に参入してくる可能性も高く、
より競争が激化するという見方もある。
そのような背景もあるからか当日のご参加者の真剣度は高かった。

また、自分自身のグローバル化だけではなく、
ずっと国内を中心に仕事をされてきた参加者の中には、
自分がグローバル人材化すると、自分を目標としてくれている
後輩や部下もグローバル目覚めるのでは?」と、
この研修の目的の一つである組織波及効果についても、
きちんと理解されていた点が印象的だった。

私が危惧しているのは、日本があまりにも住みやすい良い国であることの
ネガティブインパクトが出てきているということだ。
人間は、追い込まない限り、変わらない。

日本のプロフェッショナル人材は、今すぐにでも自らをグローバル化させ、
世界の誰ともでも、どこでも働けるように準備する時期がきている。

個のグローバル化」は『一日にして成らず』である。
公認会計士のようなAクラス人材がすぐに始めても
プロフェッショナルレベルまで到達するには数年は必要である。
そして、その初日がスタートした。

今回のプログラムは、約9ヵ月間を通じて、
参加者をスキル面でもマインド面でも、グローバルで生き生きと働く、
グローバルリーダーとして育成
することだ。
第1回での参加者の面々とのやりとりを思い出すだけで、
今から9ヵ月後がとても楽しみだ。

(写真は初日の私のパート『パーソナル・グローバリゼーション』の様子)


グローバル人材育成研究会のお申込はこちら

関連記事

人気記事

グローバル人材育成研究会【G研】のお申込みはこちら

ページ上部へ