TRAINERS / FACILITATORS / CONSULTANTS 講師・ファシリテーター・コンサルタントのご紹介

野呂 理 パートナー講師

プロフィール

キャリア開発研修、リーダーシップ研修のスペシャリスト。1985年慶応義塾大学卒業後、日東紡績株式会社にて技術職として生産技術、商品開発に携わる。 その後、アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社にて経営コンサルティングに従事、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社にてリーダーシップ研修講師として 活躍後、2002年にフリーの研修講師として独立。独自プログラムを開発し、講師業に専念。現在の主なプログラムは、キャリア開発系研修である「セルフ・エンパワーメント」 とリーダーシップ研修である「コーエンパワーメント・リーダーシップ」の2つである。

主な担当プログラム

  • セルフエンパワーメント(キャリア開発)
  • コーエンパワーメント・リーダーシップ

メッセージ

リーダーシップ、キャリア、エンゲージメント、エンパワーメント・・・、組織における個人の主体性に起因する課題はつきない。あるべき論ではなく、内発的な、自分らしい自分ならではの生き方・働き方が問われている。自分自身の指針を自らの中に持ち、自分の人生の舵は自らがとるという主体的な生き方を。とは言え、個人主義的な自分らしさではなく、人との関係性を大切にする日本的文化に根差した「相互協調的な個としての主体性」を見つめていきたい。
多くの企業人が、「自分自身の指針を組織の方向性と重ねる」ことを意識し、主体的責任感をもって行動することで、今の仕事を通して自分自身の人生を生き抜いていくことを願っている。

受講者の声

  • マネージャーとリーダーの相違点を明確に出来たことで今後の仕事上の実践で大変役に立つと思います。また、自分を客観視し、自分の「思い」がどれほど重要かを確認できたのが大変有効でした。野呂さんの語りかけるような口調も大変心地がよかったです。(男性・30代・通信)
  • 自分史をまとめた点はこれまでの自分を振返る意味で大変よかったです。(普段なかなか立ち止まって考えることが出来ていないので)仕事に対する情熱を再度燃やして、自分の思いを周りにも伝えていきたいと思います。(男性・40代・金融)
  • 自分の中で色々な整理がつき、感謝しています。今後、壁にぶつかった際にワークブックに書いた内容を見直していきたいと思います。新たな気づきもあり、組織の中で力を発揮したいと思いました。(男性・50代・物流)

企業研修プログラムについてさらに詳しく知る