TRAINERS / FACILITATORS / CONSULTANTS 講師・ファシリテーター・コンサルタントのご紹介

中土井 僚 パートナー講師

プロフィール

アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)にて、経営・IT・組織コンサルティングとして勤務。退職後インタービジョン社にて、企業組織の中で働く人々の個性と組織との関係に着目した FFS理論(Five Factors & Stress理論)を用いた組織・人材のコンサルティング業務に従事する。その後ウィルソン・ラーニングワールドワイド株式会社にてヒューマンリソースデベロップメント のコンサルティング業務に携わる。2003年にオーセンティックアソシエイツを設立。経営者へのコーチング、リーダーシップ、組織開発の観点からのコンサルティング、ワークショップ、 ファシリテーションのサポートを行う。寄稿記事に「コーチングのプロが教える 社員を『仕事好き』にさせる法」(日本実業出版社「経営者会報4月号」,2006年)

主な担当プログラム

  • ビジョン・バリュー共有型チームビルディング
  • ファシリテーション

メッセージ

成果主義・人材流動化の中で、組織力の低下を問題視する人が多くなっています。従来の「飲み会・ワイガヤ」文化が通用しない現代において、ダイアログこそが、その突破の鍵を握っていると感じ、対話を重視した研修を実施しています。

受講者の声

  • これまでの自分が当たり前だと思っていたことが、実は当たり前とは限らず、「わかっているつもり」になっていることが多いことに気がついた。自分自身のことさえも実はわかっていないのではないかと今は思っている(40代・男性・情報)
  • 以前、インターンで来ていた学生が最近、遊びに来てくれた。彼が「会社の雰囲気が明るくなりましたねー。」とコメントしてくれた。外部の人から変化を認めてもらってうれしかった(研修3ヶ月後に頂いたフィードバック)(30代・男性・コンサルティング)
  • これまでは人に声をかけるときに、一瞬緊張していましたが、最近はそれがなくなってリラックスして接することができるようになりました。またこのメンバーだったら、描いた夢はすぐにでも実現できるんじゃないか?という感覚が持てていることが嬉しいです。(研修3ヶ月後に頂いたフィードバック)(30代・女性・製造)

企業研修プログラムについてさらに詳しく知る