グローバル人材育成研究会人材育成【G研】|人材育成|グローバル人材 セミナー 研修

プライバシーポリシー サイトマップ

会員企業様1000社の人事ご担当者様に選ばれている理由

役立つ
  • 「役立つ」

    「役立つ」
    〜Useful and Practical〜
    「グローバル人材&自立型人材育成」で、企画検討、提案書づくりなど実務にすぐに役立つ情報が満載のG研。
  • 「学べる」

    「学べる」
    〜Insightful〜
    G研は参加費無料ですが、研修プログラムの一部を体験する機会が豊富にあります。一人のプロフェッショナルとして学びや気づきがあると好評。
  • 「会える」

    「会える」
    〜Networking〜
    他社の人材育成担当者、コンサルタント、海外ビジネススクールのディレクターなど、プロフェッショナル同士のつながりが生まれる貴重な「会える」場がG研。

グローバル人材育成研究会

今後のセミナー一覧

 
布留川 勝
  
講師:布留川 勝
(グローバル・エデュケーション 代表取締役)
 
守屋 智敬
  
講師:守屋 智敬
(グローバル・エデュケーション パートナー講師)
 

第155回

理想のチームとリーダーの役割
~チームがうまくいかなくなるアンコンシャスバイアス~


  • 受付中
開催日
2017年10月30日(月) 14:00~18:00
開催場所
BrickHills代官山セミナールーム(グローバル・エデュケーション社屋)  アクセス
定員
30名様

おすすめポイント

 

リーダーとしての役割を自分の中で明確に認識し、世の中の潮流など周りの流れに関係なく、自身のビジョンを提示し、メンバーが主体的に動き、 理想のチームを作るにはどうすればよいか?また、チームがうまくいかなくなるアンコンシャスバイアスとは一体何なのか?リーダーとしてのマインド(意識) や行動を変えるヒントを皆さんと一緒に考えていきます。

G研では、「人材育成×組織開発」という視点から、教育への投資効果を組織に波及させる方法を
ご紹介しています。G研では、今まで下記のような内容を取り上げてきました。

グローバル人材の必要性

  • ・グローバル人材育成に成功する企業、失敗する企業の特徴は?
  • ・組織波及効果が高いグローバル研修を行うには、どの階層から行うべきか?
  • ・どのような人選を行うべきか?
  • ・どのような内容をカリキュラムに組み込むべきなのか?
  • など、事例を交えて、次世代リーダーを育成する際の様々な疑問に、ベストプラクティスを踏まえてお答えいたします。

グローバル人材の必要性

  • ・他人事・他責・会社依存集団から脱却するためには、どうしたらいいか?
  • ・組織が進む方向性と社員個人の目指す方向性を共振させるために、
  • ・部下の成長を加速させるための管理職のマネジメントの秘訣とは?
  • など、組織を自立したプロフェッショナルの集団へと変革する方法を考えます。

グローバル人材の必要性

    グローバル・エデュケーションは、明確なビジョンとそれに共感したパートナー講師やパートナー教育機関とのコラボレーションを行っています。プロフェッショナル講師は、「その人」しかできないオリジナルコンテンツを強みとしており、海外教育機関はすべて、教育に対する深い思い入れがあり、私たちと長期にわたる信頼関係を築いています。

グローバル人材の必要性

    G研では、様々なご要望をお持ちの人材育成ご担当者様の代わりに、グローバル・エデュケーションが目利きとなって、「結果にこだわる」講師、プログラムをご紹介いたします。

企業の人材開発・育成担当者様へ

こんなお悩みにお応えします

詳細はこちら

case

  • グローバル人材の必要性
  • 私達が考えるグローバル人材の定義
  • グローバル人材育成・教育の条件とは?

こんなお悩みにお応えします

「グローバル人材」――これは人材育成における重要なテーマですが、その定義は各社で異なり、アプローチも様々です。今、日本企業には「グローバル人材育成」というミッションが突き付けられていますが、育成計画は戦略性に欠け、その場しのぎの対応しか取れていない、という人材育成ご担当者の嘆きを耳にすることが多くあります。

迷走するグローバル人材育成

大手企業であっても、グローバル人材の定義のコンセンサスが取れず、多くの人は違和感を持ちつつも「仕事ができる人材に英語力をつければOK」というところに落ち着いてしまうことが少なくありません。また、人事部や経営企画部主導で大改革を行おうとしても、抵抗勢力の反撃にあって社内コンセンサスが取れずに宙ぶらりんになってしまうなど、まだまだ試行錯誤が続いています。

もちろん、早い段階でグローバル人材の定義を明確化して育成方針を掲げ、予算を取って実行に移し、成功している企業もあります。ただ、こういった一部の企業でさえ、昨今のグローバリゼーションのスピードについていけず、グローバルなマーケットで苦戦を強いられています。

グローバル人材育成研究会【G研】とは?

グローバル人材育成研究会(G研)は、様々な企業の人事部・経営企画部の担当者が集まり、グローバル人材育成・自立型人材育成について、事例やトレンドの紹介、関連研修の体験などを通して、一緒に考え、意見交換をするワークショップ形式の研究会・セミナーです。

業種業界は違えど、「グローバル人材育成」「自立型人材育成」という共通の課題を持つご担当者が集まり、他社の事例を聞いたり、自社の現状を話したりするなかで、ヒントを得て、最適なソリューション・戦略を導くことができるのが、G研にご参加いただく大きなメリットです。また、その場で貴重な人脈を構築できることも、参加いただくご担当者の皆様に喜ばれるポイントになっています。

G研に参加するメリット
  • 「グローバル&自立型人材育成」の最新動向を知ることができる
  • 毎回、テーマに関する専門家を交えて意見交換をするため、専門性が深まる
  • 共通の課題を持つ参加者同士が対話をすることで、普段は気付けないようなヒントが得られ、人材育成のストーリー・戦略が見えてくる
  • 同じ悩みを抱える他業界・他社の人事担当者とネットワークを構築できる
  • 講師・コンサルタント・海外ビジネススクールのディレクターなどに直接質問でき、人脈を築ける

G研に参加すれば、グローバル人材育成・自立型人材育成に立ちはだかる課題に対する“最適解”が見つかります。入会金・参加費などは一切かかりませんので、ぜひお気軽にご参加ください。