SEMINAR セミナー

グローバル人材育成研究会(G研)の開催情報

グローバル人材育成研究会(G研)は、グローバリゼーションに適応し、グローバル市場で勝つための「組織開発と人材育成」をどう行うのかを一緒に考え、企業の人事担当者同士が「経験やナレッジの共有」を行うワークショップ形式の研究会・セミナーです。

組織開発と人材育成を考えるための、情報提供・意見交換・ネットワーク作りの場として、2002年から毎月開催しています。業界を問わず、延べ2000名以上の人材育成ご担当者様にお越しいただいております。

セミナー風景

セミナーの流れ

第1部では、当社代表の布留川が様々なテーマから厳選した人材育成・組織開発のトレンドをご紹介します。
第2部では、当社のパートナー講師、海外のビジネススクールや語学学校、ときにはご導入企業様をゲストにお迎えし、刻々と変化するグローバル人材育成の「いま」を皆さんと議論します。研究会後に懇親会を行うこともあります。

お申込みについて

企業の人材育成ご担当者様であれば、どなたでもご参加いただけます。毎月、様々なテーマで開催しておりますので、ご興味をいただいたテーマの回にぜひ一度お気軽にご参加ください。

※企業の人材育成ご担当者に限定させていただいております。個人の方、ご同業の方はお断りさせていただいております。

第220回 【ライブ配信・無料】

“個の自立的なグローバル化” グローバルマインド醸成プログラム
『パーソナル・グローバリゼーション』
(ライブ配信体験セミナー)

今回は新入社員~次期リーダー候補の選抜研修まで、様々な層を対象として導入いただいている、 “個人の自立的なグローバル化”を大きく促す、『パーソナル・グローバリゼーション』プログラム のライブ配信デモンストレーションを実施いたします。
【概要】
主体的な個のグローバル化を促すことをねらいとしたワークショップ。 「なぜ自分をグローバル化しないといけないのか」個人に訴えかけ、健全な危機感を醸成し、グローバル人材に必要な要素を確認。 組織のリーダー・メンバーとして“グローバル環境で戦う”ために、自立的に自身の能力向上を目指すマインドを養います。
事例① 新入社員研修:今後のキャリアでのグローバルビジネスへの意識を高めさせたい
「『世界と働く』という事のイメージが大きく変わった。 企業のグローバル化、個人のグローバル化が進んでいる世の中になっている事を構造的に理解し、焦りと将来に対する希望が湧いてきた」(メーカー 22歳 女性)
事例② 管理職研修:管理職としてどのようにグローバル化を考えるべきか、理解させたい
「このセミナーを受講し、役員の発しているメッセージの意味がようやく理解できた気がする。 部署内の他のメンバーにも『グローバル化』とは何か、そして『自分事』として『グローバル化』を捉える必要がある事を伝えたいと思う。布留川講師の『45歳になってからも変われる』というメッセージに非常に勇気づけられた」(電気 45歳 男性)

【実施情報】
ウェブ会議サービス『 Zoom 』の使用を予定しています。
※特別な登録不要
※ご受講に必要な機材:パソコン、ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン、Webカメラ(推奨)
お申し込み後、当社にて参加リンクを送付いたします。

開催日時 2020年06月03日(水) 10:00-11:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 布留川 勝(グローバル・エデュケーション 代表)

第221回 【ライブ配信・無料】

ライブ配信・無料“英語学習の自発的な習慣化” 『右脳型英語学習法』
(ライブ配信体験セミナー)

今回は新入社員~次期リーダー候補~管理職まで、様々な層を対象として導入いただいている、 “英語学習を習慣化・自立的に学習を継続できる人材を育成する、『右脳型英語学習法』プログラムのライブ配信デモンストレーションを実施いたします。
【概要】
「たかが英語、されど英語」。 効率的かつ継続できる英語学習方法の理解と、自発的な英語学習習慣化の実現を可能にするプログラムです。
英語学習のお悩み3つにズバッとお答えします。
① 一時期英語学習をやったけれど、続かなかった
② 忙しくて英語を勉強する余裕がない
③ いくら勉強しても効果が出ない

事例① 新入社員研修:技術系新入社員研修
「福田講師のプログラムは、今日から実践できるので、やる気がでた。 『Tipping Point』の話を聞いて、私もそのPointまでは頑張ってみようかと思った。 朝30分、隙間時間+帰宅後で30分を目標に頑張って英語の勉強をしていきたい」(20代 女性 新入社員)
事例② グローバルリーダー育成研修 キックオフ時プログラム
「今回選抜されたことを前向きにとらえ、チャンスと思って取り組んでいきたいと思います。 ゴールイメージを明確にし、日々楽しく学習する工夫を模索しながら進めていきたいと思います。」(30代 男性 管理職)
事例③ 海外ビジネススクール派遣対象者向けの4か月間の事前プログラム
「せっかくの機会なので、上手く自分の生活を来たるべく海外研修にアジャストするように持っていきます。その動機付けの一日となりました」(50代 男性 管理職)

【実施情報】
ウェブ会議サービス『 Zoom 』の使用を予定しています。
※特別な登録不要
※ご受講に必要な機材:パソコン、ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン、Webカメラ(推奨)
お申し込み後、当社にて参加リンクを送付いたします。

開催日時 2020年06月03日(水) 14:00-15:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 福田 聡子(グローバル・エデュケーション 専務取締役)

第223回 【ライブ配信・無料】

世界トップビジネススクール“IMD”の新たな試み
『世界最高峰リーダー育成プログラム“OWPLive”』

開催日時 2020年06月04日(木) 13:00-14:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 IMD北東アジア代表 高津尚志様

第200回  【ライブ配信・無料】

今こそ、適切な英語力底上げ施策で
専門性とスキルにレバレッジを!
~英語テストのイノベーションで年間コスト大幅削減~

かつてグローバル人材育成の三本柱であった英会話レッスン、通信教育、TOEIC受験といった「お手軽」な施策だけを続けていては、熾烈なグローバル市場で戦い、協働できる人材は生まれないということは、次第に多くの日本企業が気付き始めています。しかし「たかが英語、されど英語」。本質的な英語力の底上げは、依然として日本企業の課題の一つです。したがって社員の英語力の向上にも一定の投資が必要ですが、測定が目的化していませんか?若手や昇進条件のひとつとしてのその英語テストによって、投資効果がきちんと得られていますか? 今回のG研では“英語テストの投資効果の最大化”に注目し、ゲストスピーカーと共に、英語テストの変革によって年間コストを大幅に抑える方法、英語力底上げ施策のあるべき姿について議論したいと思います。

このプログラムは、ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用して配信します。
※特別な登録不要
※ご受講に必要な機材:パソコン、ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン、Webカメラ(推奨)

開催日時 2020年06月09日(火) 13:00-14:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用  
参加費用 無料
登壇者 ゲストスピーカー
株式会社 教育測定研究所 法人営業部マネージャー
加藤 遼平様

第216回 【ライブ配信・無料】

"海外赴任者が今、すべき行動とは?"
『意図せぬ形での帰任と着任…現地との関係構築をいかに強化するか』(仮題)
(ライブ配信体験セミナー)

開催日時 2020年06月11日(木) 10:00-11:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 堀江 徹(グローバル・エデュケーション パートナー講師)
布留川 勝(グローバル・エデュケーション 代表)

第217回 【ライブ配信・無料】

"コロナ不安を仕組み化で解決する"
『withコロナ時代のストレスマネジメント』(仮題)
(ライブ配信体験セミナー)

開催日時 2020年06月17日(水) 10:00-11:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 脇田 啓司(グローバル・エデュケーション パートナー講師)