SEMINAR セミナー

『グローバル人材育成』のセミナー一覧

第271回
ハーバード・ビジネス・スクールと考える、
人事が主導すべきこれからの幹部育成、成功の秘訣

※本セミナーは日本語にて開催致します。 第一部では、当社代表福田より、変化に適応する組織であり続けるためにこれからの幹部育成にはどのような要素が求められるのか?また、限られた予算の中でどのように施策の優先順位を考えるべきか?事例を踏まえてご紹介いたします。 第2部では、当社パートナーであるハーバード・ビジネス・スクールをお招きし、幹部育成の現在とこれからについて、プログラムデザインの工夫を交えながらお話しいただきます。 米国ボストンにメインキャンパスを持つハーバード・ビジネス・スクールは、長期での経営人材育成プログラムの一部をいち早くバーチャル展開し、数多くのリーダーを輩出し続けています。 インタビュー記事はこちらから。 https://www.globaledu-j.com/case/business_school/case-4602/

開催日時 2021年08月25日(水) 13:00-14:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用  
参加費用 無料
登壇者 佐藤 信雄氏(さとう のぶお)
ハーバード・ビジネス・スクール 日本リサーチ・センター長

宗像 佐尭氏(むなかた さぎょう)
ハーバード・ビジネス・スクール
エクゼクティブ エデュケーションダイレクター、クライアントディベロップメント(オーストラリア・日本)

福田 聡子
グローバル・エデュケーション 代表

布留川 勝
ThinkG株式会社 代表

第270回
グローバル人材育成 究極のコスト削減はこれだ!
『パーソナル・グローバリゼーション』『右脳型英語学習法』

◆◆パーソナル・グローバリゼーション◆◆ 第1部では、新入社員~次期リーダー候補の選抜研修まで、様々な層を対象として導入いただいている、個人の適応・自立化”を大きく促す『パーソナル・グローバリゼーション』プログラムをご紹介いたします。やりたくない人にいくら教育投資をしても効果は出ません。教育コストを下げるためには、本人の自立を促すことが一番です。変化の読めない時代を生き抜くため、個人に対して”主体的な個の適応・自立化”を促すには、どのようなメッセージを出すことが重要なのでしょうか? ◆◆右脳型英語学習法◆◆ 第2部では、「右脳型英語学習法セミナー」をご紹介します。テストのスコアを上げるためでは無く、 『ビジネスで成果を上げるための英語力』を身に付けるための英語学習方法を身に付け、 習慣・自立的に学習を継続できる人材を育成することを目的としたワークショップです。社員の英語学習のよくあるお悩み3つにズバッとお答えします。 ①一時期英語学習をやったけれど、続かなかった ②忙しくて英語を勉強する余裕がない ③いくら勉強しても効果が出ないー。社員の自立的自己研鑽、英語力強化施策に課題をお持ちの人材育成ご担当者、必見です!

開催日時 2021年08月03日(火) 13:00-14:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 福田 聡子
グローバル・エデュケーション 代表

布留川 勝
ThinkG株式会社 代表

第273回
脱忖度!議論の閉塞感を打ち破るための3つの突破口とは?
生産的に意見をぶつけ、新しいアイデアを生み出す  ディベートスキルの高め方

第一部では、当社代表福田より、より重要性が高まっているコミュニケーションスキル研修をご紹介します。コミュニケーションと一言で言っても様々なスキルがあります。具体的にどのようなスキルを習得するのか?具体例を交えてご紹介します。 第2部では当社パートナー河原崎講師と共に、ディベートスキルがなぜ今こそ重要かつ効果的なのか?考えます。「意見を言うと角が立つ」「上司に反論すると雰囲気が悪くなる」「そんなことを言ったら怒られる」ー。そんな状態ではメンバーも委縮し、新しいアイデアなど出るはずがありません。しかしディベートスキルを体得することで、人と意見は別物であるという共通理解の元、英語でも日本語でも健全で活発な意見交換を実現することが出来るようになります。スキルを高めることで、新しいアイデアがどんどん出てくる組織に刷新しませんか? 日本語、英語のコミュニケーションスキルをお探しの方、ぜひご参加ください。

開催日時 2021年07月13日(火) 13:00-14:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用  
参加費用 無料
登壇者 河原崎 圭市(かわらざき けいいち)
グローバル・エデュケーション パートナー講師

福田 聡子(ふくだ さとこ)
グローバル・エデュケーション代表

第256回 【ライブ配信・無料】
どうしたら、社員は「自立的に学ぶ」のか?
グローバルを自分事化し、継続学習できる層を増やす
"自立促進型"グローバル人材育成方法

2021年が始まり、 各企業の経営トップからコロナの影響による"変化"に言及し、 それを乗り越える事を目指す力強いメッセージが多く出ています。 特に個人に対してはその変化に対応できるよう、 ・新しい事へのチャレンジ ・学び続ける意欲 ・自己投資/自己研鑽 等を求める声が出ていました。 しかし、日本人就業者の自己啓発のための時間は 1日わずか6分という調査結果も出ており、 積極的に自分で学習を続ける社会人はまだ少数派のようです。 また学習の機会を会社側で補助しても期間/予算的な限界があり、 なにより意欲が無い人材にいくら投資をしても、 ざるに水を注ぐような物、費用対効果が悪いと言わざるを得ません。 特に長年課題となっている『英語習得』や『グローバル人材の育成』は 一朝一夕では難しく、各個人が自分自身で時間を見つけて学習し続ける事が不可欠です。 では、どうすれば社内人材を自立的/継続的に学習するようにできるのでしょうか? 今回はグローバル・エデュケーション代表の福田聡子より、 ・英語学習に苦手意識を持つ管理職を対象とした  マインド変化による英語力底上げ施策 ・社内で中心的な役割を担う選抜人材を"ロールモデル化"する事で  全社的な自立グローバル化にレバレッジを効かせる方法 ・他流試合型での総合的なマインド・スキル育成方法 等、数々の"自立的"グローバル人材育成施策を対象別にご紹介します。 ぜひ参加をご検討ください。

開催日時 2021年02月18日(木) 10:00-11:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 福田 聡子 (グローバル・エデュケーション代表)

第254回 【ライブ配信・無料】
グローバル人材育成のベストプラクティスとは?
2021年立ち上げ&見直しを検討中のご担当者必見!

ゲストスピーカー DIC株式会社 総務人事部 人事グループ グループマネジャー 柳川 聖一郎 様 いよいよグローバル化が進行する中、 グローバル対応可能な人材プールをしていく必要は増すばかり。 一方、グローバル人材育成プログラムの立ち上げ、見直しといっても 「英語は必要な要素だけれど、他には何をすればいいのか?」 が見えにくく以下のようなご相談をよくいただきます。 ・長年英会話研修に投資してきたが、全く成果が出ていない ・グローバル人材が足りていないからから早期育成!と要望が下りてくるが、  どこから手を付けたらよいかわからない ・グローバル人材の定義が決まってないので話がまとまらない ・選抜でやっていくべきなのか、手上げでやるのか迷う ・英語力が高い人が少ないので、対象者がいない 今回の研究会ではこのような課題に対して、 優秀なタレント層を毎年20名選抜しながら1年のプログラムで完全グローバル化し、 経年でプールしていくグローバル人財戦略のベストプラクティスをご紹介します。 お招きしているのは、インキ世界首位でありながら、 さらなる成長戦略のためにグローバル人財育成に計画的に取り組み続け、 プログラムも毎年進化させているDIC株式会社様より、 総務人事部 人事グループ グループマネジャー 柳川 聖一郎 様です。 丁寧に一人ひとりの様子を見守りつつ、会社の人財戦略とのアラインメントをとりながら 運営をされていることや、その上での信条やご苦労や成果など、お話くださいます。 ぜひ、この機会をお見逃しなく。 第1部では、当社代表福田聡子より、 基本の11か月プログラムに加えて、6か月・3か月など、ご要望やニーズに応じて カスタマイズ可能な”グローバル人材育成プログラム”の最新動向をご紹介いたします。 グローバル人材育成に着手したい、見直したいとお考えの 人材育成ご担当者の方は、必見です。是非ご参加ください! セミナー内容に関するプログラム導入・お問い合わせは、 グローバル・エデュケーションにご相談ください。 電話番号:03-5784-1295 お問い合わせフォーム:https://www.globaledu-j.com/contact/

開催日時 2021年01月27日(水) 13:00-14:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用    
参加費用 無料
登壇者 福田 聡子 (グローバル・エデュケーション 代表)