布留川 勝の人材育成の現場日記

成功者のゴールデンルール

2013/03/20

エッセイ

リーダーシップ

先週、弊社オフィスにて社員の勉強会を開催した。
講師は、Dr. James Dougherty (Jim)である。
内容は成功者のゴールデンルールだ。
私の印象に残った点をいくつかご紹介したい。

1. Face your Fears
人は皆、恐れているものがあって当然だ。
しかし、自分が恐れているものに向き合ってこそ、それを克服することが出来る。

2. Admit Your Mistakes, Especially to Yourself…Then Change How You Do Things.
自責になろう、ということだと思っている。
自責になれば、状況を改善するために次の一手が打てるからだ。

3. Refine your goals
国籍にかかわらず、目標を立てっぱなしにして、振り返る機会を持たない人は多い。
一度立てた目標は絶えず見直し、磨き続けていくことが大切だ。

4. Be proactive and make it happen! People who fail to plan are planning to fail.
「計画をしない人は、あらかじめ失敗することを計画しているようなものだ。」
これはまさにその通りだと思う。先読みし、プロアクティブに行動することで、
一見難しいと思われるようなことも成し遂げられるのである。

最後に。

5. Are You TOO BUSY being AVERAGE to Become SUCCESSFUL?
私たちは、つい目先の忙しさにかまけて、自分自身を向上することを忘れてしまう。
平凡でいることに忙しすぎて、成功者になれないのだろうか?
皆さんもぜひ、自分の胸に問うてほしい。

彼の人生における豊富な経験に裏打ちされた言葉に参加者は感動した。
20ー30代の時に、これだけ明確な成功のルールを聞けるのは貴重だ。

<写真は当日の様子>
写真 (1)

4月20日(土) に彼のネゴシエーションのコースが神谷町で開催される。

まだ席も空いているのでぜひご参加いただきたい。
➡http://www.personal-globalization.com/seminar/pgseminar23_20130420.html
こちらに彼からの動画メッセージもある。


グローバル人材育成研究会のお申込はこちら

関連記事

人気記事

グローバル人材育成研究会【G研】のお申込みはこちら

ページ上部へ