PROGRAM 企業研修プログラム

gALf ~自立的なキャリア形成~

研修プログラム内容

社会の急激な変化(VUCA)の度合いがますます深まる中、一人ひとりのキャリア形成においても以前とは前提が大きく変わってきています。

【キャリア形成における大きな変化】

1.人生100年時代において、80歳まで働くことを前提とした場合、一つの職種でずっと同じことを続けるだけではキャリアが形成できない

2.そのため、UnlearnとRelearn(学びなおし)を繰り返し、自らを成長させ続けることが重要になる課題意識

【自分の成長とどう向き合うのか?】

「自分の成長」と真摯に向き合うことはますます重要になってきているのにも関わらず、日々、目の前の仕事に追われがち、流されがちな忙しいビジネスパーソンにとって、質の高いインプットと内省の時間を確保するのは容易ではありません。gALfは、急激な社会の変化と100年ライフでの人生設計を念頭に置いた、現実的なキャリア形成のためのワークショップです。「好きなことを仕事にする」のではなく、「出来ることを増やすことで仕事を好きになる」という現実的な視点に立ち、自分はどの方向で成長していくのか?そのための自分のキャリア形成に盲点はないのか?を考えて実践するワークショップです。

研修プログラムのポイント!

出来ることを増やしていくことで仕事を好きになる

「好きなことを仕事にしよう」という通説ではなく、できることを増やすことで好きになろう、という考えを中核に置いています。仕事をやり遂げることを通して、できることが増えていきます。困難な仕事も粘り強くやり抜き成功を収めると、周囲からリスペクトが集まります。するとモチベーションが高まり、さらにAbleを大きくしようとします。そうしてLikeがパッションに昇華し、更に努力を重ね続けるという好循環を起こしていくのです。

gALfとは下記の頭文字を取っています。

Able(できること)とLike(好きなこと)
「好きなことを仕事にしよう」と言われますが、多くの人は、仕事をやり遂げることを通して、できることが増えていくものです。困難な仕事も粘り強くやり抜き成功を収めると、周囲からリスペクトが集まります。するとモチベーションが高まり、さらにAbleを大きくしようとします。そうしてLikeがパッションに昇華し、更に努力を重ね続けるという好循環を起こしていくのです。

Grit (やり抜く力)
Ableを高める上で欠かせないのがGritです。Gritとは、ペンシルベニア大の心理学者、アンジェラダックワース博士が提唱した概念で、「成功するために大切なのは、優れた資質やIQよりも、情熱と粘り強さである」という理論です。タフで難易度の高い仕事をやり抜く際に必要なのがGritなのです。

foresight (先見性/自分の未来を創造する)
変化の時代だからこそ、大局観をもって自身のキャリア方向性を見定めることが重要です。その際に、外部環境にも目を向けて、自分が磨いているAble(できること)が長期に渡って必要とされているのか?仕事の盲点はないのか?を自己点検していく姿勢が求められます。

↓ こちらの詳細もご覧ください。

講師

企業研修プログラムについてさらに詳しく知る