布留川 勝の人材育成の現場日記

カーネギーメロン大学におけるCIO(最高情報責任者 )育成

2010/02/17

イノベーション

グローバル人材育成

JohnCMU

15日にカーネギーメロン大学のJohn Kang氏が来日し弊社でミーティングをもった。John Kang氏は、私が日本でプログラムディレクターを務めるカーネギーメロン大学のISR(Institute for Software Research)のディレクター(アジアコラボレーション担当)である。

今後の私の役割は以下3点である。

1)カーネギーメロン大学のコンピュータサイエンス学部のエグゼクティブプログラム(CIO育成)の紹介

2)客員研究員(Visiting Researcher)プログラムの充実

3)今、世界中のゲーム業界が学生獲得に殺到し、映像関係のアーティストからも注目されているMaster of Entertainment Technologyをより広く日本で紹介していくことである。

CIO(Chief Information Officer)育成プログラムは、まずは韓国政府と企業向けのカスタムプログラムとしてソウルとワシントンDCの2か所で展開する予定であり、日本からの参加にも門戸が広げられる可能性がある。
John Kang氏は、韓国政府やサムソンなど韓国のグローバル企業のコンサルティングを行っている。Kang氏によると米国やEU、また韓国ではCIO育成への投資は加速度的に増えているようである。

日本企業においては、まだ本格的なCIO育成コースは少ない。特にグローバル企業としてのCIO育成に関しては後れを取っているというのが私の見方である。
ご興味のある方はご連絡いただければカーネギメロン大学の最新の情報をお届けする。

写真中央がJohn Kang氏

(CIOとは?)

米国の企業(株式公開企業)では取締役会の監督の下、経営を行う者をチーフ・オフィサー(CxO)と呼ぶ。CIOはその1つで、CEO(最高経営責任者)、CFO(最高財務責任者)、COO(最高執行責任者)などと並んで、企業経営陣の中で極めて重要な役割を持つとされる。 詳しくはこちら


グローバル人材育成研究会のお申込はこちら

関連記事

人気記事

グローバル人材育成研究会【G研】のお申込みはこちら

ページ上部へ