SEMINAR セミナー

hisano

第274回
成果を出す部下を育てる上司は、何をしているのか?今すぐできる、フィードフォワードのススメ

対象者: 人事部所属の方・人材育成担当者の方限定

セミナー内容

今回は、当社パートナー講師久野 和禎氏をお招きし、当社代表福田と共に、今、育成ご担当者から多くのご相談を頂く「上司と部下のコミュニケーションの在り方」をテーマに取り上げ、どなたでも実践できるフィードフォワードの考え方・方法についてご紹介します。
部下自身がこれからどうしたいか、について未来思考で自立的に考える力を身につけて
成果を出せるようにするには、上司は部下に対してどのようなアプローチをすると効果的なのでしょうか?
・モチベーションが低い部下がいる
・年上の部下とどのように付き合えばいいか
・やる気はあるがパフォーマンスが発揮できない部下がいる
このような場合、どのようにして本人と対話して成長の糸口をつかむのが良いのでしょうか?
そんな育成ご担当の課題にズバリ、お答えします。

開催日時 2021年09月13日(月) 10:00-11:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 久野 和禎 氏 (ひさの かずよし)
グローバル・エデュケーション パートナー講師 

福田 聡子(ふくだ さとこ)
グローバル・エデュケーション代表

セミナー講師紹介

コノウェイ株式会社代表取締役社長 久野 和禎

一般社団法人フィードフォワード協会 代表理事
一般社団法人コグニティブコーチング協会 副代表
東京大学経済学部卒。筑波大学MBA(International Business専攻)


大学卒業後に起業、2社を並行して経営した後に人材系企業を経て、複数の外資系大企業で多様なマネジメントポジションを担う。その後、ProFuture株式会社(旧HRプロ)の常務取締役兼COOを経て、2015年12月にコーチングを軸としてコンサルティングを加えたサービスを提供する総合経営支援企業、コノウェイ株式会社を創業、代表取締役社長に就任。

認知科学を基礎とした最先端の「コグニティブコーチング™」を習得し、自社ブランドの「CEOコーチング®」及び「ゴールドビジョン®メソッド」の普及を図っている。

企業に対しては、個々の強みを生かしながら組織にハイパフォーマンスカルチャーを醸成・定着させることを得意としている。

大企業役員、中小企業社長から管理職層まで幅広い対象のクライアント層に対してコーチングを行っており、グループ、マンツーマンで数千人に対してのコーチング実績を有する。

グローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツ(株)代表取締役 福田 聡子

ウィスコンシン州立大学卒。大学卒業後人材育成の会社に入社し、新人賞をとるなどして活躍するも、バブル崩壊に伴う業績悪化で他業界に転職。そこで、自分が人材育成の仕事が好きであることを再確認し、業界に戻り6年勤務しながら、本質的なグローバル人材育成への興味を深める。2000年に自分で場を作ることを決意、独立。以来、講師、コンサルタント、経営者としてクライアント400社のグローバル人材育成を支える。各分野の一流の方々との協働の中で一つ一つの目的に基づいた企画や運営を重ねてくることで、参加者の人生に大きなインパクトを与え「あの研修なしには今の自分はいない」と言っていただくことが無上の喜び。

開催概要

成果を出す部下を育てる上司は、何をしているのか?今すぐできる、フィードフォワードのススメ
開催日時 2021年09月13日(月) 10:00-11:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
対象者 人事部所属の方・人材育成担当者の方限定

セミナー一覧へ戻る