PROGRAM 企業研修プログラム

『実務で本当に使える論理的思考力を鍛えたい』

実務で本当に使える論理的思考力を鍛えたい

課題・背景

研修で学んだことが実務でなかなか活かせない

「論理的思考力が弱いので、ロジカルシンキング研修を実施したいのだが、研修で学んだことが実務でなかなか活かせない」という課題も多い。Off-JTである研修でロジカルシンキングを学んでも、オフィスに戻ってきたら、結局同じ方法で仕事を進めているように見えて、研修の成果が見えづらい…。日常業務で生かせるロジカルシンキングとは何か?

解決のポイント

相手が気にしている問いにきちんと答えているのか?

ロジカルシンキングとはMECEやロジックツリーなどのフレームワークを知っていることではありません。相手が気にしている問いにきちんと答えているのか?論点は何か?それが日常業務で問われる論理的思考力です。この力をどう育成し、応用していくか、が重要です。ロジカルシンキングの基本を理解し、仕事の段取り、プレゼンテーション、会議ファシリテーションなどの実践の場に生かしていきます。

Off-JTとOJTの中間プログラムの構築

職場のリアル課題に対して、講師が一人ひとりの受講者に対してコーチングを行うプログラムも可能です。
部課長クラスには、全社戦略に基づき、「部門として何を考えるべきか? -What」、担当クラスには、部門戦略を「どう実行するか? -How」 を主に考えてもらい、数ヶ月に渡って、企画・実行のコーチングを講師が行います。この過程を通して、全社戦略に基づいた部門戦略の立案、および実行をサポートし、受講者の思考力・実行力の強化、およびリーダーシップ開発を行うプログラムです。ご導入いただいた企業様からは、確実な変化と手応えを感じると大変好評をいただいています。

事例・施策例

課 題 社員の問題発見・解決力を高めたい、提案力を高めたい、という目的でロジカルシンキング研修を導入したものの、変化が見えない。業務上、期待したほど役に立っていないのではないか?
ご提案例 ロジカルシンキングの基礎となる「論点は何か?」を問う練習を行うロジカルシンキング研修を導入。わかりやすいEメール、簡潔な口頭報告、抜け漏れの無いヒアリング項目、ポイントを押さえた報告書・企画書・提案書などの実務にすぐに生かせる「論点」の考え方を習得。
効 果 研修を導入した若手・中堅社員の仕事ぶりがスピードが増し、報告も分かりやすくなったと評判に。

課題に関連するブログ記事

他の課題を見る

企業研修プログラムについてさらに詳しく知る