SEMINAR セミナー

第186回
部下の力を引き出し、自分自身もモチベートされる
“エンパワメント型リーダーシップ”
フランクリン・コヴィー元トップ講師が教える、
自分の意思で潜在力を発揮するための2つのキーワード


対象者: こんな方におすすめ!
・役割に捉われず各人が自由なリーダーシップを発揮できる
 ような組織文化を作りたい
・期待されている役割としての「リーダー」「マネジャー」と、
 自分のメンタリティとしての「リーダー」「マネジャー」
 とをきちんと認識し、自分らしいリーダーシップを発揮したい
・リーダーには、経験がつくり出した自分のものの見方が
 「思いこみや決めつけ」になりがちなことを自覚し、
 他のものの見方もあることを認識してほしい

セミナー内容

組織での“役割”にフォーカスするあまり、自分自身の「思い、価値観」を軽視していませんか?自分の職務や役割の中でやらなければならないこと「コア」をすることは大切ですが、それは果たして、リーダーとしての責任を果たしたといえるでしょうか?真の意味で責任を果たすためには、人からやるようには言われていないが、自分さえ望み行動すれば試すことができること「スペース」をいかに実行できるかが問われます。今回はこの「コア」「スペース」をキーワードに、自分の価値観や現在おかれている状況を再確認したうえで、独自性・創造性を発揮して自分の仕事の場を拡大していく意義に気づき、義務を超えて潜在力を発揮するための“エンパワメント型リーダーシップ”を、職場ですぐに実践できるワークを交えながらご紹介します。

開催日時 2019年08月29日(木) 13:00~17:00
開催場所 BrickHills代官山B1セミナールーム 地図はこちら
参加費用 無料
登壇者 野呂 理(グローバル・エデュケーションパートナー講師)

セミナー講師紹介

野呂 理

キャリア開発研修、リーダーシップ研修のスペシャリスト。1985年慶応義塾大学卒業後、日東紡績株式会社にて技術職として生産技術、商品開発に携わる。 その後、アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社にて経営コンサルティングに従事、フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社にてリーダーシップ研修講師として 活躍後、2002年にフリーの研修講師として独立。独自プログラムを開発し、講師業に専念。現在の主なプログラムは、キャリア開発系研修である「セルフ・エンパワーメント」 とリーダーシップ研修である「コーエンパワーメント・リーダーシップ」の2つである。

開催概要

部下の力を引き出し、自分自身もモチベートされる
“エンパワメント型リーダーシップ”
フランクリン・コヴィー元トップ講師が教える、
自分の意思で潜在力を発揮するための2つのキーワード


開催日時 2019年08月29日(木) 13:00~17:00
開催場所 BrickHills代官山B1セミナールーム 地図はこちら
定員 24名
参加費用 無料
対象者 こんな方におすすめ!
・役割に捉われず各人が自由なリーダーシップを発揮できる
 ような組織文化を作りたい
・期待されている役割としての「リーダー」「マネジャー」と、
 自分のメンタリティとしての「リーダー」「マネジャー」
 とをきちんと認識し、自分らしいリーダーシップを発揮したい
・リーダーには、経験がつくり出した自分のものの見方が
 「思いこみや決めつけ」になりがちなことを自覚し、
 他のものの見方もあることを認識してほしい
住所 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町9-15 BrickHills代官山

セミナー一覧へ戻る