SEMINAR セミナー

『リーダーシップ』のセミナー一覧

第204回 ライブ配信特別版
“個の自立的なグローバル化” グローバルマインド醸成プログラム
『パーソナル・グローバリゼーション』(デモ)

今回は新入社員~次期リーダー候補の選抜研修まで、様々な層を対象として導入いただいている、 “個人の自立的なグローバル化”を大きく促す、 『パーソナル・グローバリゼーション』プログラムの ライブ配信デモンストレーションを実施いたします。 【概要】 主体的な個のグローバル化を促すことをねらいとしたワークショップ。 「なぜ自分をグローバル化しないといけないのか」個人に訴えかけ、 健全な危機感を醸成し、グローバル人材に必要な要素を確認。 組織のリーダー・メンバーとして“グローバル環境で戦う”ために、 自立的に自身の能力向上を目指すマインドを養います。 このプログラムは、ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用して配信します。 ※特別な登録不要 ※ご受講に必要な機材:パソコン、ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン、Webカメラ(推奨

開催日時 2020年04月10日(金) 14:00-15:30
開催場所 ライブ配信※ウェブ会議サービス『 Zoom 』を使用 
参加費用 無料
登壇者 布留川 勝
(グローバル・エデュケーション代表)

第195回
新時代は新格差社会
「価値を作る人と価値を消費する人」
~30歳であと40年、40歳であと30年、50歳であと20年働く時代のキャリア設計~

デジタル化とグローバル化が、仕事の内容を激変させている中で、日本人ビジネスパーソンは、どうすれば、生き残り、繁栄し、ワーク・ライフを充実させることができるのか?「破壊的新時代の独習力」の著者であるキャメル・ヤマモト氏にをお迎えし、人材育成担当として、組織を「価値を作る人々」の集団に変えていくために必要なことを議論します。若手のポテンシャルを開花し、同時に、ベテランには今まで培ったスキルや経験、能力を新時代にマッチさせる。そのために必要なことを皆さんと一緒に考えていきます。

開催日時 2020年02月12日(水) 13:30~17:00
開催場所 BrickHills代官山B1セミナールーム 地図はこちら
参加費用 無料
登壇者 布留川 勝(グローバル・エデュケーション代表)
キャメル ヤマモト(グローバル・エデュケーションパートナー講師)

第194回
【新年会開催!】自己変革なくして、組織変革なし。
グローバルでも輝く日本人変革リーダー育成戦略!

 「目まぐるしいビジネス環境の変化の中、企業はチャンスに恵まれて生き残るのではなく、他社が潰れてしまうような危機を乗り越えられるからこそ、成長し、成功するのです。」ジャック・マーの言葉です。 日本企業のリーダーたちは、今まさに変革への覚悟を決め、組織のチェンジマネジメントを迫られています。そのためには、リーダーがいかにクリアなビジョンをシンプルなストーリーで語り続けることができるか?が大きなカギを握ります。同時に、組織を変革するためには、リーダー自身が自らの在り方や習慣を見つめ直し、ポジティブなエネルギーを発しているかどうかが、実は何よりも重要です。そこを見落とし、疲弊している日本人リーダーがまだまだ多いように感じます。年明けは、”新時代の日本人変革リーダーの在り方”を、皆さんと活発に議論したいと思います!

開催日時 2020年01月17日(金) 13:30~17:00 新年会17:30-19:00
開催場所 BrickHills代官山B1セミナールーム 地図はこちら
参加費用 無料
登壇者 石坂 聡(グローバル・エデュケーションパートナー講師)

192回
【大阪開催】激動の時代、変化に適応し組織変革を成し遂げるための電撃グローバル人材戦略!

目まぐるしいビジネス環境の変化の中、企業はチャンスに恵まれて生き残るのではなく、他社が潰れてしまうような危機を乗り越えられるからこそ、成長し、成功するのです。そのためには、リーダーたちがどんなビジネス環境に置かれても動じず、誰が見ても一目瞭然のクリアなビジョン(Strategic Big Picture)とそれを伝えるためのシンプルなストーリーを掲げることが、日本でもグローバルでも成功するための最も重要な要素の一つと言えます。それがあって初めて、社員が自立的に行動する指針になるからです。 今回は、リーダーが自社の変革を成し遂げるために欠かせないエッセンスを余すことなく議論します!

開催日時 2019年12月18日(水)  14:00~18:00
開催場所 新大阪CSPビル1Fセミナールーム 
登壇者 石坂 聡(グローバル・エデュケーションパートナー講師)

第188回
デジタル・トランスフォーメーションに挑む戦略人事の新ステージ!
人事に求められる、デジタル時代に勝つ組織開発

事業や業務をどうデジタル化するかという会話をしていませんか?それでは、成果主義と言われた時代に、人事制度を作ることが目的化し、現場から使えないと言われ、二の舞になります。デジタルはインフラであり、環境です。そのデジタルをどう活かし、デジタル時代に起こる変革を正確に捉え、どう対応し、デジタル時代をどう牽引していくか、それはひとえに人にかかっています。デジタルを自然に受け入れ、デジタル・トランスフォーメーションを自然体で起こす、そんな人材を育て、そんな人材が育つ組織をどう創るか、人事・人材開発部門に、今までとは異なる役割が求められています。 産業革命、パラダイムシフト、VUCA、色々なとにかく大変という言葉が合致する現代、冷静に自社のポジションを把握し、置かれている環境変化をしっかり捉え、アジャイルに戦略を考え、時代を創っていく、そんな組織と人材が求められています。 今回は、デジタル・ディスラプションの正体を踏まえ、変革への第一歩を踏み出す上で人事部が抑えるべき視点を中心に、皆さんと議論したいと思います。 ・世の中の変化とデジタル・ディスラプション ・デジタル・ディスラプション時代の戦略と組織・人材開発 ・変革を牽引するリーダーシップ

開催日時 2019年10月15日(火) 13:30-17:00
開催場所 BrickHills代官山B1セミナールーム 地図はこちら
参加費用 無料
登壇者 山本 紳也(グローバル・エデュケーションパートナー講師)